ずぼら母の育児メモ ~2023年中学受験&幼児教育~

小2息子と3歳娘の学習&生活記録。息子は、Z会小学生タブレットコース4年生受講中。

公文英語3A②教材へ【小2息子】E-pencilに使われている技術はグリッドオンプット

公文式英語3A教材の後半②へ

 

小2の息子が今月から開始した公文英語。

 ⇒公文英語の学力診断テスト結果と3A①教材から開始【小2息子】

 

 

今週の1回目の教室で3A①を先生に確認してもらって、終了し、3A②の10ページまでして持って帰りました。

 

3Aの教材は、真似して言えるようにすることが目的らしいです。

①と違うところは、単語の数が増えました。

 

と言っても、10ページで8単語。全部で80単語です。

全部絵が描いてあります。

(なので日本語はいらないと思いますが、10ページ中最初の8ページに日本語が書いてあります)

 

3A①同様、10ページごとに、英語の歌が入っています。

なので、全部で10の歌が載っていました。

 

英語の歌は、教材100ページの補足なようで、息子の教室では歌えるかの確認まではしないようです。せっかくなので、家で、文字を見て歌えるようにしたいと思います。

 

そんなに時間がかからないので、息子は、1冊終わらせました。

宿題として出されていた範囲は20ページくらいでした。

先生からは、家で進めてきた部分については、教室で確認してくれるということでした。

 

娘もほとんど知っている単語なので、一人で、1ページずつめくって最後までしていました。

 

イーペンシルに使われている技術

 公文の英語教材ははイーペンシルを使って一人で進めていきます。

(公文式は全て自学自習用の教材で、先生が採点をしてくれます。私は、教えないところが気に入っているところです。)

 

このイーペンシルは、楽しいし、簡単に使えていいなぁと思いました。昔はCDだったようですが、途中でイーペンシルに変わったらしいです。

 

フランス語やドイツ語も音声ペンになれば、私もするのになぁ。まぁ、基礎英語をカセットでしていた私からするとCDもずいぶん便利です。(基礎英語と続・基礎の時代です^^;)

 

 そんなイーペンシルには、グリッドオンプットという二次元コード技術が使われているようです。

 

グリッド マーク株式会社という日本の会社が開発した技術らしいです!

http://gridmark.co.jp/

 

Z会の英語専科に使われている「エブリスピーク」という音声ペンも同じ仕組みらしいです。

(息子は、小学生タブレットコースなので、英語教科もタブレットでしています。英語は、授業、練習、添削課題、の3コマです。専科のコマ数はもっと多かった気がします)

 

 

多分、書店においてある、音声ペン式の英語教材にも使われているのかなぁと、何となく思いました。

今度、書店に行ったらしっかり見てみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

 

 

 

スポンサーリンク

 

              スポンサーリンク