ずぼら母の育児メモ ~2023年中学受験&幼児教育~

賢くない・センスない・不器用な小3息子と年少娘の学習と生活の記録。塾なしで中学受験するかも!

公文英語FからGへ【小3息子】Curious George's Dictionaryもひとまず終了

 

公文式英語いつまでF(小6)をしているのかな~と「まだFをしているの?」と聞いたら、「Gになったよ。Fの終了テストは満点だった」と返事がありました。

 

GⅠ(中1前半)に入ったようです。「文章が多い(^^;)」と言っていました。中1相当のGからはGⅠとGⅡと2教材に分かれています。公文式の教材は、1教材200枚ですので、1学年分が400枚になります。

 

EからFに入ったのが3月です。Fに3ヶ月かかっています。

公文英語F開始とCurious George's Dictionary【小2息子・3歳娘】

 

少しペースが落ちていて、さらに落ちるような気がします。字が汚いのでくり返しで3回したりもあるようです。枚数は5枚です。ゆっくりですが、少しずつしていくとゆっくりでも進んでいくのが公文式の良いところです。一日10分で、字を書くの苦手な息子が英単語をかけるようになるのは有り難い気がします。(お月謝は高いですが…)

 

そして家で一緒に見ていた、絵辞典の「Curious George's Dictionary」を終わりたいと思います。他のおさるのジョージの絵本と一緒においているので、たまに見て欲しいところですが、どうかな。

 

 

終わってみて息子がいうには、英単語を日本語で教えてもらっても英語の部屋にはいるので、日本語で知りたいということでした…。現状の単語力だと絵本を読んでいても分からないことが多いそうです。

 

う~ん、日本語と英語が完全に対応するものならそれでもいいような気がします。ということで、速読英単語の中学生版か、速読速聴のBasicあたりを比べてどちからを使おうかな~と思っています。

 


 

 

公文式の英語は11月から始めました。最初は3Aからでした。



 

 

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

 

 

 

 スポンサーリンク

 

              スポンサーリンク