ずぼら母の育児メモ ~2023年中学受験&幼児教育~

算オリが目標の算数センスなし小4息子と年中娘の学習と生活の記録。塾なしで中学受験するかも!?

「算数と国語を同時に伸ばすパズル」入門編を開始【年中娘】

 

娘が「算数と国語を同時に伸ばすパズル」の入門編を始めました。「算数と国語パズル」は論理的に条件を読み解く推理パズルです。 今までは、口頭で一緒にしていましたが、そろそろできるかなと思って渡してみたら、一人で初級の部分を終わらせていました。

 

 

途中、カタカナ書けない、枠に入らないといったアクシデントが発生した時には、夕食作りを中断して、かけつけて、消しゴムで消してあげました。

 

カタカナは綺麗に書けないので、書いた後、ギャーとわめく率が高いので、書けない字を、「ノ」「漢字の一と同じ横棒」という説明をしながら書くのを見守りました。

 

枠に入らないものは、三つに区切ってあげて[を寝かしたのを解答欄の下に書いてあげて、こうすれば書けるよ。としてあげたら、次のものから自分で[を書いていました。

[あ

[い

[う

 

という感じです。(解答欄は横書き)

 

宮本式パズルで条件を整理していくことで解けます。入門編の最初は、けっこう簡単なので、基礎編がスラスラできない場合に使えばいいと思います。口頭で最初の方は1年前からたまにしていました。

 


宮本式ドリルはだいたい1冊の中が級別になっています。「算数と国語パズル」は初級・中級・上級と3つに分かれていますが、ひとつの級の部分が終わると、級位認定証がついています。これがもらえるのが嬉しいみたいです。

 

娘はまだ小さいので、級位認定式をして渡してあげました。娘の幼稚園はのびのび園なので、「気をつけ。礼」などをしないので、楽しそうでした。

 

学研から出ている宮本パズルや、ディスカヴァリーの強育パズルは、同じ問題が2ページ続くのですが、この「算数と国語パズル」は裏が、数字パズルになっています。

 

数字パズルは「賢くなるパズル」の入門編など、いろいろなところに出てくるので、簡単そうでした。推理パズルの方は、カタカナを書くのがひっかかりどころのようで、一人でさせずに、横にいて消しゴムで消してあげたりしようと思います。

 

入門の後は、「初級編」「中級編」「上級編」「分数編」となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

「分数編」は分数計算を身につける前にすると楽しそうなので、タイミングを間違えないようにしたいと思います!(本棚の上においておくと忘れてしまうのですよね…。息子にさせるのを忘れていました。そしては、今はする必要もなさそうです…。)

 

 「賢くなるたんていパズル」は「算数と国語を伸ばすパズル」と全く同じ推理パズルです。ですので、どちらかでよいです。

  

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

 

中学受験・算数・家庭教師・指導方法 受験ブログ・テーマ
中学受験・算数・家庭教師・指導方法

 

 

スポンサーリンク

 

              スポンサーリンク