ずぼら母の育児メモ ~2023年中学受験&幼児教育~

算オリが目標の算数センスなし小4息子と年中娘の学習と生活の記録。塾なしで中学受験するかも!?

「天才脳ドリル数量感覚・初級」開始と「小学生のこづかいちょう」【年中娘】

 

5歳の娘の算数の学習はなかなか進んでいません。(仮:2015年4月2日生)今後の幼児用ワークをどうするか、どう進めていくのかの見通しもたっていません。

 

ポピーの年長向けあおどりは、たし算やひき算は出てきてなかったと思います。何番目というのは、よく出てきていて良かったですが。

 

ですので、たし算やひき算は日常の中や遊びの中で少しずつしてきました。おやつを息子と分ける時に同じ数になるように分けてもらったり。あと、3つもらえたらいくつになるかなどクイズを出したり。

 

娘もたし算のクイズを出すようになっていき、2か月前くらには、7+8などいくつか覚えてしまいました。繰り上がりのなものは、覚ええてもらっても問題ないのですが、頭使わず暗記しだした!どうしようと思っていました。

 

「日々、ぼーっと生きているお母さんより、覚えようとしている娘の方が、頭を使っているよね」

 

と夫に言われたので、なるほど~、この時期の子どもは、覚えることも大切なことなんだなと。この時期にたし算の丸暗記ってどうなのかなと思ったのですが、言っても始まらないので、覚えていた組み合わせのたし算をクイズで出さないようにしたら、忘れたようです。

 

が、今は、同じ数字を足すのがブームで、「5を6回足したらいくつ。」や「4を4回足したらいくつ」としているので、8+8が16になることをなどを覚えたようです。

 

「どうしてそうなるの?」ときくと、「4が2つで8で、8+8は16」と説明してくれるので、いいかな。8+8は手を使って、5+5と3+3で16としています。最初は私が5と3を貸してあげていたのですが、今は慣れたので、5は頭の中で、3+3を自分の手を使ってしています。

 

 プレ100マス計算でもするかな~と思っていたら、本棚になく。息子の時に使い切ったようです。

 

 

同じ陰山メソッドの「繰り上がり・繰り下がり徹底反復プリント」があるのですが、繰り上がりと繰り下がりは手を使って理解しているので、使わない方が良いかもしれません。10の合成と分解を使うので、息子にも合わなかったのですよね。。。

 

 

記事にしていたと思っていたのですが、していませんでした。天才脳ドリルの数量感覚を半分くらいしました。

 

 

これのおかげで、10が10個で100や2が10こで20というのが、すらーっと頭に入ったようです。

 

2や7が10個の場合は、2個や7個のブロックや丸が10並んでいるイメージで、1列で10、それが2個あるから20。7個だと70。としていました。

 

 

そんなある日、「おばあちゃんから10円もらったー」と娘が。

 

え~、なになに、と思っていたら、なんと肩たたき10分で10円というお小遣い制度ができたらしいです。お正月にもらったお年玉の500円をお財布に入れていたので、それに入れて

 

「584円あるの~♪」

 

と、お金を数える娘。夫からたまにもらったのもお財布に入れていたらしい。。。年少にお小遣いは早いわと思ったのですが、娘の「明日もするねー」に「お願いねー」とおばあちゃん。

 

嫁は何も言えませんでした。しばらくして夫も気づいて、「早くない?」と言っていたのですが、義母は助かるみたいなので、まぁしょうがないかな。

 

まだ、この騒動より前だったので、「お買いものする!」とポシェットに小銭入れを入れて、持ち歩くようになった娘。

 

「お買いものするなら、お小遣い帳つけなさい!」と娘に「小学生のこづかいちょう」を渡しました。息子に昨年渡したのですが、使われてなかった2019年版なので、表紙の絵は違います。

 

 

この婦人之友社の「小学生のこづかいちょう」は、私が子供の頃からあり、私も小3から使っていますが、小学生がつけるのに、ちょうど良かったです。娘には、マスが少し小さいですが、頑張ってつけています。使ったのは2回くらいです。

 

中学生からは費目がかけるのもあります。私も中、高と使ったのかな。

 

 

娘は、20+80だったり、300+900だったりはできるのですが、564+10を565、567と数えて、574と出していたので、

「560+10は?」

「570」

「では、564+10は?」

「あっ、574だ」

 

と、少しだけ誘導しておきました。

 

今でも、かたたたきをしたら、お金を数えているので、計算はしばらくは、おこづかい制にまかせようと思います。そういえば、3才半4才にかけて、おかねの幼児用ワークをとっても欲しがったのですが、悩んだ末にやめました。買ってあげていたら良かったかな。 

 

 

紙のお金がついています。

 

 

学研の身につけたいれんしゅうちょうシリーズはほかのものも面白そうなのですが、なかなか使う機会がありません。

 

 

息子の時も、一つ前に版が売られていて良さそうだな~と思っていたのですが、使う機会がなく。

 

 

娘がお小遣いをためても、千円札以上を貯めれるとは思えないので、そのうち使ってもいいかなと思っています。

 

幼児用ワークのたし算、ひき算というのはやりそうにありません。。。プレ百マス計算は早めに買わないと。

 

 


 


 

 

 

  

 ランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです(*'∀`*)ノ

 

  


 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

 
 

 

 

スポンサーリンク

 

              スポンサーリンク