ずぼら母の育児メモ ~2023年中学受験&幼児教育~

2023年・2028年中学受験の学習記録

すみっコぐらし学習ドリル「小学1年の漢字」を始めています【年長娘】

 

娘のすみっコぐらし好きがどんどんパワーアップしていっているのですが、いいのかなぁ。

 

すみっコぐらしの「ひらがな・カタカナ」を終わらせた後、1年生の漢字のドリルを始めました。

 

小学1年の漢字 すみっコぐらし学習ドリル

 

 

書店になかったので、アマゾンで購入しました。

ですので、始めたのは先週の月曜日の22日からです。

 

1枚ずつ切り取って渡したかったのですが、このドリルは見開きで1回分でした。

 

漢字の説明と4回書いて練習するページが右側で、左ページが読みと書きの問題という構成になっています。出てくる文字は4つずつです。(たまに3文字も)

 

娘はなぞり書きとただ漢字を書くだけの練習するのを嫌がります…。すぐに左側の問題ページを解きたがるので、1日に1枚分の2ページは進められず、2回練習する日、残りの2回と左の問題ページをする日と分けています。

 

 

でも、夏休み中だったので、昼間に娘が一人でしていたところもあり、9回目の半分まで終わっています。

 

すみっコぐらしの学習ドリル

すみっコぐらしの学習ドリルは、主婦と生活社が出しています。あまり、学習系では見覚えがなく。

 

 あっ、「きらめき算数脳」、「きらめき思考力パズル」は主婦と生活社でした。でもサピックスが作っている問題集なので、あまり出版社のイメージはなく。


ですので、あまり期待していかなった「すみっコ学習ドリル」シリーズですが、思っていたより良いドリルでした♪

 

漢字は6年生までありますが、図形は3年生までと、そんなにラインナップもよくなく。

キャラクター系なので、高学年用はそこまで売れないのしょう。それが残念なくらいです。

 

 

漢字ドリルですと、部首がきちんと記載されています。

 

1年生の漢字は、ざっと挙げるだけでも、漢字と部首が同じものが多いです。

 

一、二、人、入、八、六

足、車、青、音、耳、虫、

立、目、石、川、山、手

 

初めて見た部首も。

(息子の時に見たはずなので初めてはないはずですが)

 

 

2回か3回ごとに「ふくしゅうドリル」があり、反復して学習できるようになっています♪この頻度で復習してくれるのは、忘れる前に思い出すことができて助かります。

 

 

娘は「くまのがっこうドリル」も並行しているので、2冊すればだいたい覚えられそうです。

 

 

漢字の読みは、蔭山メソッドを取り入れていて先に覚えています。2年生の「全漢字音読プリント」も読めるようになりました。

 

 

3年生までの漢字が載っているので、2,3年生の漢字を書きたがった時は、こちらで一度書いています。

 


 娘がこのドリルをとって欲しい時には、「キャラなし漢字ドリル出して」と言います…。キャラなし…確かに…。

 

漢字辞典より使いやすいらしいです…。

 

今朝も一緒に漢字辞典で「子」が部首の漢字を調べてみましたが、しばらくは一緒に使う必要がありそうです。

 

 

 

 


 

 

クリックして頂けると励みになります ↓↓↓ 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

 

              スポンサーリンク