ずぼら母の育児メモ ~2023年中学受験&幼児教育~

小1息子の学習&生活記録。Z会小学生タブレットコース3年生を6月から受講中。地方在住。2歳娘の子育てや家計管理も。

【小1息子】Z会プログラミング講座withLEDO®Education基礎編vol.3テーマ1「レースカー・プログラム」

 Z会プログラミング講座withLEDO®Education基礎編vol.3テーマ1を実施

息子が通信教育で受講している、Z会プログラミング講座基礎編の

vol.3テーマ1を土曜日にしました。

そして、課題であるChallenge!‼もタブレット上で提出しました。

 

Z会プログラミング講座で得られる3つの力
ひらめき(創造力)・組み立て(論理的思考力)・試行錯誤(問題解決力)

 

だそうです。

最近、気づいたのですが、(今さらですみません…)

ずぼら母が息子に、求めている論理的思考力を鍛えるのに、

プログラミング的思考を鍛える、プログラミングは、

それなりに良いかもしれませんね!

 

クラッチやビスケットは、無料でできますし。

もう一つ、毎日小学生新聞のLet'sプログラミングで紹介されていたのも、

紹介したいのですが…。

息子は残念ながら、時間がなく紹介できそうにありません。

 

あっ!!ずぼら母がしてみたらいいのですね!!

ナイスアイデア!!今度してみま~す!!

 

Z会プログラミング講座基礎編vol.3「レースカー・プログラム」で学ぶこと

 

■新しいモデルを組み立てる

 まったく違う見た目のロボットを組み立てます。

■新しいモデルでできることを知る

 モーターの役割を「車が進む」とともに、「ひもを巻き取る」に変えてみます。

■最適な動作を探る

 実現したいことのイメージに合わせて、適切な動きとなるようなプログラムを考えます。

 

vol.3テーマ1をやってみて

ずぼら母の思ったこと

レースカーを作ってプログラムしていました。

今回は、ずぼら母、きっちり横について、

変な方向に行かないか、遊ばないか見ていました。

 

ということで、息子のかかった時間は1時間です。

その後、30分くらい、自由にプログラミングを変更して、

遊んでいました。

結構、面白いおもちゃなので、

ワークブックに合わせてした後でも、

時間をかけて遊びたいようです。

 

一昨日や月曜日も何やらさわっていました。

今回のレースカーはこのテーマだけで、解体するので、

たくさん遊べたようで良かったです。

 

10日のChallenge!‼の締め切りも迫ってきているので、

次の週末を使って、テーマ2をする予定です。

 

 

レースカー・プログラムの内容

今回のレベル

プログラミング:3(6段階中)

組み立て:3(6段階中)

 

ミッション

  1. レースカーを組み立てよう
  2. 困っているナナを助けて!
  3. レースカーらしい工夫をしてみよう
  4. さいごのミッション

 

だそうです。

ワークブックに書いてありました。

レベル記載するの初めてですね…。

ずぼら母は、結構適当なので(^^;)

(すみません、性格なので)

ご質問頂けると、ワークブックや保護者用ガイドをくまなく探し、

お答えします!私の勉強にもなるので大歓迎です。

 

プログラミングっぽくなってきました!

デバッグ・バグ・ループといった、

プログラミングの用語も出てきました。

 

内容も、プログラミングの間違い「バグ」を探す、

間違いを直す「デバッグ」を行う、

繰り返しのプログラミングである「ループ」を使う。

 

レースカーのスピードを2段階で上げる。ことも。

今回、母が良かったなぁと思ったことは、

モーターの回転を輪ゴムを使ってタイヤに伝える仕組みを、

プログラミングの結果とともに、試して考えたことです。

 

なるほど~ロボットプログラミンググだと、

モーターも使えるのかぁ~と感心しました。

 

そして、

余力があれば「回転角度が同じなら、円の半径が大きいほど円周は長い」あたりまで踏み込むと、数学・物理との関連が意識できます。 

 と保護者向けガイドには、書いてありましたが、

ずぼら母には、そんな余力がある訳もなく…。

来年の7月が12か月目なので、

来年の8月あたりに、また最初から遊び出した時に、

このあたりには触れたいと思います…。

 

「バグ」「デバッグ」「ループ」は、

「カッコイイ言葉使えるね~」とおだてておいたので、

早めに使いこなしてもらえるように、声かけをしていきたいです。

 

 

vol.2テーマ2の終了の記事です。

www.ikuji-memo.com

 

  

スポンサーリンク

 

              スポンサーリンク