ずぼら母の育児メモ ~2023年中学受験&幼児教育~

小2息子と3歳娘の学習&生活記録。息子は、Z会小学生タブレットコース4年生受講中。

畑仕事とカブトムシの土替え

この週末は、庭遊びと動物園という生物系づくしでした♪

天候が良いからか近所の子供たちの声もせず、お出かけ日和でしたので、みなさんお出かけでしょうか。ということで、外遊びに行かず、息子が珍しく庭へ出ていました。

 

畑仕事

娘は気が付いたらよく出ているので、珍しくないですが、息子は、お手伝いをお願いされたときだけなので、久しぶりに息子の農作業ルックを見ました。

 

麦わら帽子に、長靴、首には、日よけ防止タオル。『おっ、さすが○○○。言われなくてもできてるなぁ』

土遊びは小さい頃から大好きです。

 

娘、靴下をはかず、長靴を履いているようです…(^^;)『ちょっとだれか彼女に首巻きタオルを!』と思ったけど、面倒なので、次からかな。暖かくなってきたので、お姑さんがよく、畑仕事をしているので、気づいたら、娘が外で遊んでいるということも多くなってきました。

 

たぶん、娘はタオルを巻いて、麦わら帽子をかぶることを忘れているので、また習慣づけをしていかなくては。

 

娘は、土運びのお手伝いをしているようで、単なる砂遊びをしていました。水を混ぜたり。母は苦手なので、このあたりは誰かが庭にいる時に、勝手にやって。というところです。幼稚園でもするからいいかな~。

本当は積極的にしたら良いのでしょうが…これからの季節は、たぶん、放っておいても、母が掃除をしている間に、庭でひと遊びになるでしょうから、あまりしません。

 

畑仕事、冬場に、母も少しだけ手伝いましたが…寒かったです(;;)

暖かいともう少しは手伝ってもいいかな。

 

 

カブトムシの土替え

ついでに、というか、そろそろ時期なので、カブトムシの土変えをしていました。

我が家には。2種類の外国産カブトムシの幼虫がいます。

1種類は、幼虫を購入し、もう一種類は、年明けに死んでしまったビルマゴホンヅノカブトムシの子供です。

 

ビルマゴホンヅノカブトは、小さめのカブトムシで、ウサギの耳のような角を持っている可愛いカブトムシです♪

 

「ウサ太郎」と「ウサ子」がいたのですが、「ウサ太郎」はかなり長生きしました♪娘が、エサやりをずっとしていました。

 

成虫になるのが、遅いので、まだまだ幼虫は小さかったようです。前の土替えの時には、たくさんいた小さい幼虫が5匹になっていたそうです。

 

我が家には、昨年は二ホンカブトムシもいましたが、ペアにしていたのは、お友達の家で卵をかえしたようです。無事に成長しているのかなぁ…。

 

我が家のは、別々に飼育でした(^^;)幼虫をもらってきたのですが、息子があまりお世話しなかったので、「ぺアにはしない!」と夫が。

 

外国産カブトムシは夫の趣味です。いつまで続くのかは分かりませんが(^^;)ただ、娘がカブトムシが大好きなので、しばらく飼うのもいいかなぁと思います。母的には、慣れると可愛いという感じです。

 

 

外国産カブトムシの図鑑 

外国産のカブトムシの為の図鑑は、この図鑑があれば、ひとまずは、大丈夫です!

 

 

 

 カブトムシの図鑑はあまりなく…高級な図鑑になっていきますが、小学館の図鑑NEOそれなりに書いてあります!クワガタムシだと、たくさんあるので、また変わると思いますが。

 

 

www.ikuji-memo.com

 

 

 

www.ikuji-memo.com

 

 

www.ikuji-memo.com

 

 

 

 

 スポンサーリンク

 

              スポンサーリンク